メインメニュー
ログイン |  新規登録
一番大事な事  >  3.では咀嚼回数が少なくなるとどうなるのだろう

健康は健口から


3.では咀嚼回数が少なくなるとどうなるのだろう

現代日本人の咀嚼は戦前に比べると6割も減っています。

 

咀嚼回数が少なくなると、顔や顎の骨の成長発達が遅れ、また唾液腺特に耳下腺の発達が抑えられ顎が小さくなります。

     ↓

歯や舌の位置が不正となります。

     ↓

口呼吸となり虚弱体質になりやすくなり、顎関節症や種々の耳鼻咽喉科疾患、姿勢障害を発症させやすくなります。(口呼吸と全身との関係については後述)

 

前
2.咀嚼と全身の関係について
カテゴリートップ
TOP
次
4.よく咀嚼するには「正しい噛み合わせ」が条件となります